電話(ビジネスフォン)工事は、日々の勉強が必須

電話工事は比較的肉体労働というよりもどちらかというと頭脳を良く使う工事です。配線工事等々は電気工事とあまり変わりませんが、複雑化するオフィス内のサービスや機器と連動させていくためあらゆる知識が必要となってきております。

近年では「LAN(ネットワーク)」の知識がないと電話工事全てに対応できないようになってきております。(パソコンンやスマートウォンなどと連携するビジネスフォンがたくさん開発されています)一人前の工事人になるには日々の勉強が必須となっております。等サイトでは様々な電話工事に関する知識を簡単に述べていきます。

電話工事の種類

電話工事は主に電柱工事から回線引き込み・収容工事そして屋内配線からビジネスフォンの設置、データの設定などがあります。近年ではビジネスイフォンの周辺機器等がたくさん出てきていますので、このあたりの設置も複雑化しておりまたかく電話会社のサービスや他の連動する機器等の知識も必要になってきています。

電話工事の資格

電話工事の主な資格は電気工事担任者のアナログ1種・2種・3種にデジタル1種・2種・3種です。これら全て取得したものが総合種となっています。また電話工事をするに当たって無線系の資格を取得することもおすすめします。近年PCやスマートフォントビジネスフォンが一体化してきておりますのでネットワーク系の資格を取得することもシュアに入れてください。

配線工事

電話工事で一番時間を要するのが配線工事です。配線工事はやはり基本というものがあり、これらをしっかりマスターすることも大事ですが経験が最も重要です。お客様の要望の中には配管もルートもないような場所に端末設置を希望されることも少なくありません。この場合が経験がものを言います。建物の構造を知ることも重要ですし、時には配管工事から対応しなければならないこともあります。

ビジネスフォン工事

電話工事といえばやはりビジネスホンの設置です。メーカーや機種が変わってもあまり関係ないと思ったら大間違いです。メーカー・機種によって設置の仕方やデータ設定、可能なことや不可能なこと様々あります。また電話機数台の小規模オフィスから数百台の大規模オフィスまで単にビジネスホン設置といってもかなり幅広くなっています。しっかり学習していきましょう。

どのメーカーのビジネスフォン工事を学べばよいのか

全てのメーカーのビジネスフォンの工事をマスターするのは正直かなりハードルが高いと思われます。浅く広くよりも深く狭くが望ましいと思います。シュアでいくとやはりNTTの設置工事者が多いと思われます。少ないのがNECやパナソニックです。シュアが多いと仕事はたくさんありますが単価が低く、シュアが狭いと単価が高く工事が少ないという風な感じです。